アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作 制作お役立ち

日本の伝統色を集めた「NIPPON COLORS」のご紹介

投稿日:

和風のデザインを制作するとき、配色の参考になる素晴らしいサイトを見つけたのでご紹介します。

その名も「NIPPON COLORS – 日本の伝統色」といって、日本らしい色の数々がストックされていて、カラーコードを抽出できるWEBサービスです。

配色サイトは他にも数多くありますが、このサイトの特徴はなんと言ってもお洒落なこと!

それぞれの色をクリックした時に、画面全体がその色味に変わっていく様子も素敵なんです。

 

色を変えたい時は、それぞれのカラーを選択することで背景と名前が切り替わるのですが、見てみると様々な色の名前があることが分かり勉強になります。

気に入った色のカラーコードを抽出したい時は、RGBのテキストにカーソルを持っていくことで、カラーコードをコピーすることができますよ。

 

 

ちなみに、画面右端にある「MUNSELL」というボタンをクリックすると、美しいデモンストレーションが始まるという楽しい仕掛けもあったりします。

 

紅・山吹色・橙など日本古来の色の名称は実際にどんな色なのかイメージしづらいときがあるので、そんな時にもってこいなサイトだと思います。

ただ色んな色を眺めているだけでも楽しいサイトなのでよかったらご活用ください。

-Webデザイン, Web制作, 制作お役立ち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

適切なシャドウの色が分かる「Material Icon Shadow Color Picker」

オブジェクトを立体的に見せたいときに使うシャドウですが、新米デザイナーさんはつい黒ばかり使っていませんか?(私がまさにそうなんですが…。) シャドウというと黒をイメージしがちですが、実はオブジェクトの …

Pinterestのボードを他の人と共有する方法

たくさんのアイディアの中から、良いと思ったものを作成したボードに保存・管理することができるPinterest。 これだけでも便利すぎて、デザイナーにとってなくてはならないWebサービスですが、更にその …

【Illustrator】アートボードを一発でオブジェクトぴったりのサイズに変更する方法

こんにちは、ぶちこです。 昨日に引き続き、Illustratorのアートボードの便利なテクニックについてご紹介をしたいと思います。 今回はブログのタイトルにある通り、「アートボードをオブジェクトぴった …

【Illustrator】配置した画像にフチをつける方法

今日はIllustratorで配置した画像にフチをつける方法についてご紹介します。 もちろん、クリッピングマスクのかかった画像でもフチをつけることができますよ。 なんとなくフチって「線を追加」でつけら …

終わらない修正のループにはまらないために…参考にしたい記事3選

細部の調整も終わり、デザインがほぼ完成していた状態で、クライアントからの膨大な修正依頼。それもデザインの作り直しになってしまうような大きな修正だったり…。 こういった経験、デザイナーのみな …