アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作 制作お役立ち

デスクトップやWeb上の画面から色を簡単に抽出する方法

投稿日:

デザイン制作時に参考サイトから色を抽出したい時、皆さんはいつもどうしていますか?

私は初めの頃、参考をキャプチャ→保存→Illustrator・Photoshopで開いて色を抽出、という流れでやっていました。

わざわざキャプチャしてソフトで開くこの作業、地味に面倒なんですよね…。

でも、そんなことをしなくてもスポイトツールを使って簡単にデスクトップやWeb上の色を抽出できる方法があるんです!

ご存知の方も多いとは思いますが、とても便利なテクニックなのでご紹介しますね。

 

Illustratorの場合

1.選択ツールで色を変えたいオブジェクトを選択したあと、スポイトツール(ショートカット:I)をクリック。

2.オブジェクトが選択された状態のまま、スポイトツールで色を拾いたいところまでドラッグ。

3.ドラッグした手を離して、色を抽出。

 

Photoshopの場合

1.Illustratorと同じように、スポイトツールを選択。

2.ドキュメント内を一度クリックしてから、色を拾いたいところまでドラッグ。

3.ドラッグした手を離して、色を抽出。

 

まとめ

IllustratorもPhotoshopも、やり方はほぼ変わりませんね。

この方法を使えば、簡単に画面上のどこからでも色を抽出することができて、手軽にいろんな色を試すことができます。

スクリーンショットをわざわざ撮っていたときと比べて、作業効率が断然上がったのでぜひ参考にしてみてください!

-Webデザイン, Web制作, 制作お役立ち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

超便利!アイコンフォントを一括検索できる「GlyphSearch」のご紹介

Webサイト制作では、出番の多いアイコン。 私は以前まで画像のアイコン素材を使用していましたが、その存在を知ってからはアイコンフォントに頼りっぱなしです まずアイコンフォントについて簡単に説明すると、 …

ポリゴン風の背景画像やイメージを生成してくれるジェネレーター

Webサイトや、バナーなどのバックグラウンドなどでよく使われているポリゴンスタイル。 素材サイトなどでも探すことはできますが、なかなかデザインに合うものが見つからない時もありますよね。 そこで今回は、 …

私が面接で質問していたこと

面接では、採用担当の方から逆に「何か質問はありますか?」と聞かれることがあると思います。   入社してからこんなハズじゃなかった…と後悔しないためにも、 気になることは積極的に質問したほう …

終わらない修正のループにはまらないために…参考にしたい記事3選

細部の調整も終わり、デザインがほぼ完成していた状態で、クライアントからの膨大な修正依頼。それもデザインの作り直しになってしまうような大きな修正だったり…。 こういった経験、デザイナーのみな …

パス編集可能なフリーアイコン素材サイト「ICON BOX」

みなさんは、ICON BOXというアイコン素材サイトをご存知ですか? 細いラインを使用したお洒落〜なアイコンがたくさんあるサイトなのですが、なんとどれもパスの編集が可能なんです! フリーのアイコン素材 …