アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作 制作お役立ち

OGP画像シュミレータ「og:image Simulator」のご紹介

投稿日:

Webページをシェアした時にFacebook上で表示されるOGP画像ですが、きちんと設定をしないと画像が見切れてしまったり、正方形になってしまったりしますよね。。
そんな悩みを解決する便利なサービスを見つけたので、今回はご紹介したいと思います!
 

OGP画像シュミレータ「og:image Simulator」

「og:image Simulator」は、ブラウザ上でOGP画像がどのように表示されるのかシミュレートできるWebサービスです。
 

使い方は簡単で、作成したOGP画像をドラッグ&ドロップするだけで、Facebookで表示される5パターンのOGP画像が作成され、それぞれどの様に表示されるのかを一度に確認することができます。

結果を見て、見切れているところなどデザインを調整していけば適切なOGP画像を作成することができますよ。

OGP画像の推奨画像サイズ(1200 x 630 px)も記載されているので、作成する際サイズに迷うこともなく助かりますね!

 

まとめ

せっかくOGP画像を設定しても表示が崩れてしまっていては悲しいですよね。。
そういったことを防ぐため、OGP画像作成の際にはぜひ「OGP画像シミュレータ」をご活用くださいね。

-Webデザイン, Web制作, 制作お役立ち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Photoshop】レイヤーマスクを複製する方法

今回は久しぶりにphotoshopのテクニックについてご紹介したいと思います。 いきなりですが、私の会社では有料サイトの画像を使用する場合はまずカンプ画像を使い、その後クライアントからOKが出たら画像 …

Webデザイン学習法その1. 独学で勉強する

Webデザインを学習するのに、まずは独学でやってみようと思う人はたくさんいると思います。 そこで今回は、Webデザインを独学で学ぶことのメリットとデメリットについて私なりにまとめてみました。 &nbs …

【Photoshop】画像の白い部分だけを透過させたいときの方法

今回は、Photoshopで画像の白い部分だけを透過させたいときの方法についてご紹介します。 ダウンロードした素材を切り抜いて使いたいときなど、この方法を使えば簡単に行うことができるのでおすすめです。 …

【Illustrator】アートボードを一発でオブジェクトぴったりのサイズに変更する方法

こんにちは、ぶちこです。 昨日に引き続き、Illustratorのアートボードの便利なテクニックについてご紹介をしたいと思います。 今回はブログのタイトルにある通り、「アートボードをオブジェクトぴった …

Macユーザー必見!過去のコピー履歴を管理できる「Clipy」のご紹介

パソコンで作業していると、よくURLやテキストをコピーすると思います。 当たり前ですが、ペーストしないうちに新しいものをコピーすると、最初にコピーしたものが分からなくなってしまいますよね。 そんな時、 …