アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作 制作お役立ち

ボタンを自動で生成してくれる「Button Maker」

投稿日:

今回は 「Button Maker」という、ボタンを自動生成してくれるウェブサービスをご紹介します。

文字やサイズ、色などを指定するだけで、簡単にそれっぽい綺麗なボタンを作ってくれるので、時間がない時や、デザインの知識があまりない人におすすめです!

 

ボタンを自動で生成してくれる「Button Maker」

サイトにアクセス(http://box.aflat.com/buttonmaker/)するとすぐにボタンの作成画面が表示されます。

数値や文字、カラーコードなどを入力して「create」ボタンを押すと、上部に作成したボタンが表示されます。

作成したボタンは、右クリック→「画像を保存」で ダウンロードが可能です。

角丸の大きさや、枠線なども細かく指定することできるので、様々な形や色のボタンを作成することができますよ。

 

まとめ

簡単にですが「Button Maker」についてご紹介しました。

デザイン初心者や、Photoshopなどのソフトがないけど本格的にボタンをつくってみたい!という方はよかったら活用してみてくださいね。

-Webデザイン, Web制作, 制作お役立ち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロゴの背景を簡単に透明にできる「画像透過ツール」

今回は、PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使わずに、ブラウザで簡単にロゴの背景を透過することができる「画像透過ツール」をご紹介します。   「画像透過ツール」の使い方 …

Macでバラバラに表示されているアイコンをきちっと整列させる方法

フォルダ内のアイコンがぐちゃぐちゃに散らばってしまうことは、Macユーザーなら良くあるのではないでしょうか。 バラバラに表示されたままでは作業もしずらく、ストレスですよね…。 そこで今回は、アイコンを …

ウェブサイトの配色を解析してくれる「Web Colour Data」

ウェブサイトを作る時、配色をどうするかも悩みどころの1つですよね。 そんな時は、ウェブサイトで使われている色を解析してくれるサイト「Web Colour Data」が便利です! 制作するサイトの同業他 …

私が面接で質問していたこと

面接では、採用担当の方から逆に「何か質問はありますか?」と聞かれることがあると思います。   入社してからこんなハズじゃなかった…と後悔しないためにも、 気になることは積極的に質問したほう …

【Photoshop】画像の白い部分だけを透過させたいときの方法

今回は、Photoshopで画像の白い部分だけを透過させたいときの方法についてご紹介します。 ダウンロードした素材を切り抜いて使いたいときなど、この方法を使えば簡単に行うことができるのでおすすめです。 …