アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作 制作お役立ち

ボタンを自動で生成してくれる「Button Maker」

投稿日:

今回は 「Button Maker」という、ボタンを自動生成してくれるウェブサービスをご紹介します。

文字やサイズ、色などを指定するだけで、簡単にそれっぽい綺麗なボタンを作ってくれるので、時間がない時や、デザインの知識があまりない人におすすめです!

 

ボタンを自動で生成してくれる「Button Maker」

サイトにアクセス(http://box.aflat.com/buttonmaker/)するとすぐにボタンの作成画面が表示されます。

数値や文字、カラーコードなどを入力して「create」ボタンを押すと、上部に作成したボタンが表示されます。

作成したボタンは、右クリック→「画像を保存」で ダウンロードが可能です。

角丸の大きさや、枠線なども細かく指定することできるので、様々な形や色のボタンを作成することができますよ。

 

まとめ

簡単にですが「Button Maker」についてご紹介しました。

デザイン初心者や、Photoshopなどのソフトがないけど本格的にボタンをつくってみたい!という方はよかったら活用してみてくださいね。

-Webデザイン, Web制作, 制作お役立ち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェブサイトの配色を解析してくれる「Web Colour Data」

ウェブサイトを作る時、配色をどうするかも悩みどころの1つですよね。 そんな時は、ウェブサイトで使われている色を解析してくれるサイト「Web Colour Data」が便利です! 制作するサイトの同業他 …

CSSをゲーム感覚で学べる「CSSバトル」が面白い!

こんにちは、ぶちこです。 先日、CSSをゲーム感覚で楽しみながら学べる面白いサイトを見つけたのでご紹介したいと思います。   CSSバトルのご紹介 その名も「CSSBattle」という海外の …

【Webデザインおすすめ書籍】Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84

私が最近読んでタメになった、オススメのWebデザインの本をご紹介します。   Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84   図やキャプチャが多く使われていてサクサク読み …

デザイナー必見!使えるイラスト素材サイト

デザインを制作する際に、いい素材がなかなか見つからない…なんてことはありませんか? そんな時に必見な、イラストの素材サイトをいくつかご紹介します! ぜひ、以下の素材サイトをブックマークして …

Adobe Typekitのフォントが同期されなくなった時の対処法

AdobeのCreative Cloudを契約していると使える「Typekit」。 様々なタイプのフォントを自分のPCに同期させてPhotoshopやIllustrator等で使うことができるのでとて …