アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作

【Photoshop】画像の白い部分だけを透過させたいときの方法

投稿日:

今回は、Photoshopで画像の白い部分だけを透過させたいときの方法についてご紹介します。

ダウンロードした素材を切り抜いて使いたいときなど、この方法を使えば簡単に行うことができるのでおすすめです。もちろん、白に限らず他の色でもそこだけ透過することができますよ。

それでは早速、その方法について見ていきましょう!

 

画像の白い部分だけを透過させる方法

まず、レイヤーにロックがかかっている場合はダブルクリックで解除します。

 

メニューの「選択範囲」から「色域指定」を選択。

 

その後、画像の白い部分をクリックします。

たとえ白い部分がひとつながりになっていなくても、「色」で選択されるので、細かい部分をすべてクリックする必要はありません。

クリックした色が選択されたら、あとは必要に応じて「許容量」のスライダーを動かして、範囲の調整を行ってください。

範囲がしっかり決定したら「OK」をクリックします。

 

その後、「Delete」キーを押すと選択範囲の部分が消去され、白い部分が透明になります。

[Ctrl]+[D]で選択を解除すれば、切り抜きの完了です!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した色域指定を使用した方法以外にも、「マジック消しゴムツール」を使ったやり方もあるのですが、少し白い部分が残ってしまったので色域指定のほうがより精度が高く切り抜けるといった印象です。

簡単な紹介ではありますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

-Webデザイン, Web制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デザイナー必見!使えるイラスト素材サイト

デザインを制作する際に、いい素材がなかなか見つからない…なんてことはありませんか? そんな時に必見な、イラストの素材サイトをいくつかご紹介します! ぜひ、以下の素材サイトをブックマークして …

OGP画像シュミレータ「og:image Simulator」のご紹介

Webページをシェアした時にFacebook上で表示されるOGP画像ですが、きちんと設定をしないと画像が見切れてしまったり、正方形になってしまったりしますよね。。 そんな悩みを解決する便利なサービスを …

グラデーションを作る時に役立つサイト5選

ギャラリーサイトを見ていると、グラデーションを使ったデザインをよく見かけますよね。 中でも、色の変化の仕方が綺麗なサイトだとつい見とれてしまいます。 私も綺麗なグラデーションを取り入れたデザインを作り …

ロゴ制作の際に参考にるサイト【ギャラリー編】

現在ロゴ制作を担当しているのですが、ロゴという小さなデザインの中にも名前やメッセージ、イメージなど様々な要素を詰め込まないといけないので難しく、悪戦苦闘しています。 アイデアさえ湧けば、その後はどんど …

ロゴの背景を簡単に透明にできる「画像透過ツール」

今回は、PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使わずに、ブラウザで簡単にロゴの背景を透過することができる「画像透過ツール」をご紹介します。   「画像透過ツール」の使い方 …