アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作

【Photoshop】画像の白い部分だけを透過させたいときの方法

投稿日:

今回は、Photoshopで画像の白い部分だけを透過させたいときの方法についてご紹介します。

ダウンロードした素材を切り抜いて使いたいときなど、この方法を使えば簡単に行うことができるのでおすすめです。もちろん、白に限らず他の色でもそこだけ透過することができますよ。

それでは早速、その方法について見ていきましょう!

 

画像の白い部分だけを透過させる方法

まず、レイヤーにロックがかかっている場合はダブルクリックで解除します。

 

メニューの「選択範囲」から「色域指定」を選択。

 

その後、画像の白い部分をクリックします。

たとえ白い部分がひとつながりになっていなくても、「色」で選択されるので、細かい部分をすべてクリックする必要はありません。

クリックした色が選択されたら、あとは必要に応じて「許容量」のスライダーを動かして、範囲の調整を行ってください。

範囲がしっかり決定したら「OK」をクリックします。

 

その後、「Delete」キーを押すと選択範囲の部分が消去され、白い部分が透明になります。

[Ctrl]+[D]で選択を解除すれば、切り抜きの完了です!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した色域指定を使用した方法以外にも、「マジック消しゴムツール」を使ったやり方もあるのですが、少し白い部分が残ってしまったので色域指定のほうがより精度が高く切り抜けるといった印象です。

簡単な紹介ではありますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

-Webデザイン, Web制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Macをお得に買うなら、Apple整備済製品がオススメ!

Mac製品を少しでも安く買いたい…という方のために、超お得なApple整備済製品についてご紹介します! 「Apple整備済製品って何?」「どのくらいお得なの?」「商品はちゃんとしてるの?」など、実際に …

【Illustrator】配置した背景透明のPSD画像に黒いラインが出てしまう時の対処法

IllustratorはPhotoshopで作成したPSDファイルの配置が可能ですが、背景が透明のPSD画像を配置した時に、絵柄と透明部分の間にわずかな黒いライン(境界線らしきもの)が出てきてしまうこ …

チラシやパンフレット製作時に参考になるサイト

Webサイトの参考サイトに比べて、チラシなどの印刷物のギャラリーサイトって意外と少ないですよね。 とは言っても何の参考もなしにデザインをするのは大変です…。 私は普段Google画像検索や …

超便利!アイコンフォントを一括検索できる「GlyphSearch」のご紹介

Webサイト制作では、出番の多いアイコン。 私は以前まで画像のアイコン素材を使用していましたが、その存在を知ってからはアイコンフォントに頼りっぱなしです まずアイコンフォントについて簡単に説明すると、 …

なぜWebデザイナーを目指したのか

    私がWebデザイナーを目指そうと思ったのは、前職で飲食店スタッフをしていた2017年の頃です。 前職でもそれなりに楽しく働いていたのですが、どこかでずっと、手に職をもった職人や技術者に憧れてい …