アラサー主婦のWEBデザイン奮闘記

Webデザイン Web制作 制作お役立ち

【Photoshop】レイヤーマスクを複製する方法

投稿日:

今回は久しぶりにphotoshopのテクニックについてご紹介したいと思います。

いきなりですが、私の会社では有料サイトの画像を使用する場合はまずカンプ画像を使い、その後クライアントからOKが出たら画像を購入→差し替えという手順を踏んでいます。

この差し替え作業の際に、画像に徐々に透過していくようなふわふわしたレイヤーマスクなどがかかっていたりすると、購入した画像にまた一からマスクをかけ直す…という面倒な作業を何度かやっていました。

でも、photoshopではレイヤーマスクの複製を行えばそんな面倒な作業をせずとも、簡単・正確に新しい画像にマスクをかけることができるんですね。

この方法、簡単なのですが、「どうやったけ…?」とよく忘れてしまうので、手順について簡単にまとめたいと思います。

 

Photoshopでレイヤーマスクを複製する方法

例えば、下のような徐々に透過されていくようなマスクのかかった空の画像を差し替えるとします。

当然ですが、カンプ画像の状態なのでサイト名が記載されていますね。

 

そこに新たに購入した差し替えたい画像を配置します。

 

で、ここからなのですが、まずはレイヤーマスクと画像の間にある、鎖のアイコンをクリックして外してください。

 

できたら、マスクの方を選択して「option」または「alt」キーを押した状態で、複製したいレイヤーの上まで重なるようにドラッグして持っていきます。

カーソルを離すと、レイヤーマスクが複製されて同じ効果をかけることができました!

 

方法は以上になります!

そんなこと知ってたよとう方も多いと思いますが、私はこの方法を知ってからだいぶ無駄な時間を短縮することができました。

ただ、元画像にマスクをかけたときのpsdデータは必須なので、そこだけご注意ください!

-Webデザイン, Web制作, 制作お役立ち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Webデザインおすすめ書籍】Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84

私が最近読んでタメになった、オススメのWebデザインの本をご紹介します。   Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84   図やキャプチャが多く使われていてサクサク読み …

ロゴの背景を簡単に透明にできる「画像透過ツール」

今回は、PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使わずに、ブラウザで簡単にロゴの背景を透過することができる「画像透過ツール」をご紹介します。   「画像透過ツール」の使い方 …

Adobe Typekitのフォントが同期されなくなった時の対処法

AdobeのCreative Cloudを契約していると使える「Typekit」。 様々なタイプのフォントを自分のPCに同期させてPhotoshopやIllustrator等で使うことができるのでとて …

求人票の未経験OKは本当?

こんにちは、ぶちこです。 今回は、“求人票の未経験OKは本当?”と題しまして、実際のところどうなのか書いていきたいと思います。 Webデザイナーの求人票で、“未経験OK”とか“未経験歓迎”などと書かれ …

ロゴ制作の際に参考にるサイト【アイディア編】

前回の記事では、ロゴ制作の「ヒアリング内容〜制作の流れ」について、参考になる記事を2つご紹介しました。 そこで今回は、実際にどのようなロゴにするかアイディアを出していく時に参考になるサイトを3つご紹介 …